ソファをオーダーメイドする

ソファは部屋に設置する家具の中でもとても幅を取るもので、いわば株の花形選手といってもよいでしょう。
せっかくならば自分の一番希望しているものを置きたいものです。場合によってはオーダーのソファを購入するという選択肢も出てくるかもしれません。

注文前の下準備が重要

ソファに対するこだわりは人それぞれでしょう。家具の中でも使用する時間がとても長いものになりますから、既製品をいくつも見て回ることが多いです。しかしなかなか自分が納得いくソファには出会わないということもあります。そんな時の強い味方がオーダーメイドです。
オーダーメイドであれば100パーセント自分の希望にかなったソファを作ってもらうことができます。
とはいえ、自分の理想通りのソファを作ってもらうためには自分の希望を作ってもらう側に正確に間違いなく伝える必要があります。
ですから作ってもらう側に正確に伝えるためにオーダーメイドする前の下準備がとても重要なのです。この下準備をしっかりするかどうかが自分の希望通りのソファが完成するかどうかにかかっています。

見た目重視は危険

ソファを購入する際には見た目重視という人は少なくありません。確かにソファはその部屋の中でも存在感のある家具ですから、見た目で選ぶという選択肢は間違ってはいません。オーダーする際にも見た目にはとてもこだわるという人は多いです。
しかし、見た目でソファを購入するということは失敗する大きな原因の一つで、それよりももっと大切なことが実はあるのです。特にオーダーする場合は部屋を一度見渡してみて、ソファをどこに置くかを決めるようにしてください。そうすることによって自然とその部屋にふさわしいソファの形状や色が浮かんできます。そういった視点で部屋に自然と溶け込むソファの形状や色であれば違和感なくすぐにその部屋になじんでくれます。

そのほかのポイント

オーダーのソファの場合に、気を付けておかなければいけないことはほかにもあります。既製品のソファであれば店頭で気に入って購入すれば、自分の希望した日に届けてくれます。ところがオーダーしたソファの場合はそういうわけにはいきません。一から作ることになるので少なくとも一か月、長いときは三か月くらい待つ必要があります。注文する際はそれくらい時間がかかるものだということを頭に入れておきましょう。さらに最も気を付けて欲しいことは実物はできてからではないとみることができないということです。そして同じサイズのものでも間違いなく価格は高くなります。失敗が無いようにまずはソファをたくさん見て希望のソファがイメージできるようにし、それをしっかり伝えることが大事です。そして作ってもらう側もこちらの意見を100パーセント実現してくれそうなところを選ぶ必要があります。